仙草という中華圏でよく食べられるデザートを知っていますか?日本ではあまり目にしない食べ物で、薬草を原料としたゼリーです。一口食べると癖になるこのゼリーは、台湾では大人気で、台南にある私のオススメののお店「黑工號嫩仙草」を紹介します。

台湾(中華)スイーツ「仙草」とは?

台湾で好きなデザート|スイーツは?て聞かれたら、「仙草」って言ってってしまうくらい、間違いなくハマってしまった「仙草」。台湾だけでなく、中華圏でよく食べられるデザート、スイーツで、英語ではよくGrass Jelly 、Herbal Jelly と呼ばれており、その名の通り、薬草ゼリー。

え、薬草がゼリー?と全く食欲をそそられないネーミング。最初食べた時、デザートをイメージしてたら、想像と異なって「ウェっ」てなるんですが、なんと不思議、気づいたら2回目がべたくなる〜っという、癖になる味なんです。

仙草は台湾ではデザートとして有名で、雑誌などにもよく載っている定番デザートで、仙草のお店も台湾中にどこにでもあります。仙草は単体で食べられることもありますが、最近ではミルクティーの人気トッピングとしてもよく入れられます。

デザートといっても、これは薬草なので、苦味があります。
独特の薬草の苦味が、初めて食べる人にとっては、慣れない味と感じるのですが、不思議にまた食べたくなってしまうという、摩訶不思議デザート。

薬草から作られているから、もちろん体にも良いです。

特に、台湾の夏の暑〜い時に食べると体を冷やしてくれるので、最高に美味しいー!冬は冬で、温めて食べると体をポカポカにしてくれます。

仙草は薬草なので、葉や茎を乾燥させ、黒くなるまでじっくり煮詰めてとろみを出します。

そして冷やすとゼリーのように凝固します。なのでこのゼリー状にさせてるのは寒天ではないんです。

輸出用として「Grassjelly」と書かれた缶詰のものが、海外や日本でも時々缶詰に入って売られてたりするんだけど、台湾で食べるやつと比べ物にならないくらい美味しくないんです。

なので台湾に来たら、絶対、本場の味を食べて見てください。

台湾で食べるやつは味が濃くて、自然の薬草の味とプルプル〜な食感がたまらないです。

台湾スイーツ「仙草」オススメのお店:「黑工號嫩仙草」

台湾スイーツ「仙草」オススメのお店「黑工號嫩仙草」は台南にあります。ここのオススメは、タロイモの団子や、タピオカ、緑豆などがトッピングされた、”綜合”というメニュー。いろんなトッピングが選べます。

筆者は、仙草ゼリーに、牛乳を入れて、一緒に食べるのが好きなので、ここでよく仙草ゼリーだけの、「原味仙草」を買って外帶(テイクアウト)します。

台湾のデザートといったら、美味しいものがたくさんあるけど、仙草も忘れちゃいけないです。

食べたことがない人も、一口食べると癖になっちゃう事間違いないです。

また、ここは上野にもお店があるみたいですので、日本で食べたくなったら行って見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です