「 Kokoni カフェ」は、台南の古い建物をリノベーションして作られた、台南のお洒落リノベカフェのひとつ。

メニューのテイストは、名前も日本語からとっているように和テイスト。
メニューアイテムは、ドリンク、デザート、そして定食もあります。

なので、お昼を食べて、まったりしたい時に使えるカフェです。

本日は焼うどんと牛丼を注文。

焼きうどんというよりは、温泉卵が乗っていてすき焼き風のうどん。

味は、台南テイストでちょっと甘めでした。

小鉢に胡麻和えのサラダが美味しかった!

ここのサラダはボリューミーで、いろんな野菜の種類が入っていてるので、

台湾の脂っこい料理に飽きてきた時におすすめ!

ドリンクも和テイストて柚子や抹茶を使ったメニューがありました!

どれも美味しそう!こちらは抹茶玄米ラテ!

古い一軒家をリノベして作られたカフェの内装も洗練されていて見所の一つです。



Kokoni Cafe紹介youtube⬇︎

Youtubeを見ていたら、ここのカフェは、台湾では典型的な”文青風”だそうです。 “文青風”の定義は、いろいろとあるようですが(例えば、村上春樹の本が好きetc..)、台湾では人や場所を表す形容詞としてよく若者の間で使われていて、日本では”サブカル系”のような、お洒落に敏感で、メインストリームを好まずサブカルチャー好きな人たちが行くような場所。というようなニュアンスが近いようです。

また、もう一つ”小清新”という形容も使われていましたが、こちらは、直訳すると「リフレッシュな、新鮮な」という訳が出てきますが、ニュアンス的には、新鮮なだけではない広い意味がありました。 元々、インディポップと呼ばれる、音楽のジャンルを表す言葉として使用されていたようですが、徐々に文学、映画、写真などのさまざまな文化や芸術を表す言葉として定着し使われるようになりました。またそういった物を好むグループの人たちの事も“小清新”と呼ばれます。 日本では、”森ガール”のようなニュアンスに近いかと思います。

ぜひ、台南の”文青風” “小清新” なカフェに訪れて見てください!

【お店情報】

Address: 700台南市中西區西門路二段372巷23-1號

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です