ベトナムでは、以前紹介したバナナを使った激ウマデザート 変わり種スムージー、また年中新鮮な果物が食べられ、甘い物好きにはたまらない国です。

そんなデザート天国のベトナムで、豆腐プリン、ベトナム語でTÀU HỦ NÓNGという食べ物&デザートが特に美味しくて、日本にいても食べたくなるくらいお勧めしたいので紹介します。

ベトナムで絶対外せないベトナムデザート8選でも紹介してます。👇

個人的にベトナムで好きなデザート第3位、好きなベトナムストリートフードの上位にランクインしてます。

ベトナム豆腐プリン|TÀU HỦ NÓNG とは

TÀU HỦは、ベトナム語で豆腐。NÓNGは暖かい。という意味で、暖かい豆腐という意味になります。

ベトナムでは、「チェ」や「シントー」といった、冷たいデザートが多いイメージですが、このTÀU HỦ NÓNGは、あったかい作りたての豆腐を使用し、その上に暖かい特製のソース&濃厚ココナッツソースをかけて食べる暖かいデザート&食べ物です。

中国、台湾の人気デザート「豆花」に少し似ていますが、ソースが違うので味は少し異なります。「豆花」も美味しいですが、ベトナムのこの豆腐プリンは、ちょっとスパイシーで、コクがあって濃厚です。

この豆腐プリンの最大の特徴は、この濃厚でちょっとスパイシーなジンジャーとブランシュがーで煮込んだソース。

▲ジンジャーとブラウンシュガーで煮込んだソース

また、最後にはココナッツソースを使用するので、濃厚なコクのある甘さです。

食べると体がポカポカ温まります。風邪気味の時、喉が痛い時にもおすすめです。

このベトナム豆腐プリンTau Hu Nong は、時々ベトナム料理のレストランにも、デザートとして時々見ますが、基本的にはストリートフードで目にする事が多いです。

こんな風に、ストリートフードで売られており、お持ち帰り用に、ペットボトルのカップに入れてもらえます。このチープな感じもまた良い。

ソースをかけたら、最後濃厚なココナッツシロップをどっぷりのせます。最後の仕上げには、ゴマをかけたり、ピーナッツをトッピングしたりとお店によってバリエーションが異なります。

甘々に見えますが、豆腐が甘くないので、混ぜて食べると程よい甘さになります!

ちょっと小腹が空いた時におすすめのストリートフードで、重くなりすぎず、朝ご飯としてもいけますよ。

値段は、10,000 ~ 15,000 VND 約50円から70

こちらのビデオで紹介してます👇頑張ったら作れそう?

ぜひベトナムへきた際には、この豆腐プリン|TÀU HỦ NÓNGを食べて見てください!日本でも食べたくなる味です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です