ベトナム料理「ブン・ティット・ヌン | Bún thịt nướng」とは?

ブン・ティット・ヌン | Bún thịt nướngとは、サックサクに揚げた春巻き、ビーフン、グリルしたポーク、バジルやミントといった新鮮なハーブ、野菜を、ベトナムの甘辛い特製ソースとカリカリのピーナッツををかけて、かき混ぜて食べるベトナム料理です。

Phoと異なり、暖かいスープと一緒に食べるのではなく、冷やした米麺のビーフン(Bún)で食べるため、冷たいベトナム料理の一つとして、ベトナム中でよく食べられています。

何と言っても、具沢山で野菜も沢山取れる料理なんです!揚げ春巻きの入った、Bún thịt nướng Chả giò (Chả giòは揚げ春巻き)は特に人気があり、揚げ春巻きも食べられて、それでいてすごく安いので、コスパが良いベトナム料理です。

私もベトナム在住中には、暑いものではなく、さっぱり冷たいものが食べたいな〜と言う時によく食べてました。

ベトナムの特製ソースをかけ食べるのですが、このソース、南部では甘めのソースで、一般的に砂糖とフィッシュソース(ナンプラー)、水、オプションでニンニク、チリソースを入れて作ります。

ベトナム料理屋へ行くと、このソースが絶対常備されており、ベトナム料理に必須のタレなんです。ほとんどどんなベトナム料理にも一緒に提供され、このソースが味を一気にベトナム風へとさせてくれます。

バーベキューしたポークは、レモングラスや蜂蜜、醤油と一緒にマリネし、キャラメリゼされ、一口食べると、ポークの肉汁とレモングラスの芳醇な香りが、口に広がります。

揚げ春巻きや、バーベキューポークといった油っぽい料理がありつつも、冷たいビーフンや新鮮なハーブと一緒に食べるので、ベトナムの蒸し暑い気候でも、さっぱりして食べられる料理の一つです。

「ブン・ティット・ヌン | Bún thịt nướng」が食べられるお店(ホーチミン)

朝食としても食べられており、街中でよくストリート屋台屋さんを見かけます。カフェのランチとしてもよく提供されています。また、Bún thịt nướngを専門にしたベトナム料理店もあります。

ホーチミンの1区にあるこちらBún thịt nướngを専門とした屋台屋さんはとても有名です。7時から空いているので、朝ごはんとしても食べられます。

お店の名前: Bún Thịt Nướng Chị Thông (Chi Thong)

Address: 195 Cô Giang, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

Open hours: 7 am – 10 pm daily

ぜひ、ベトナムへ来た際は食べて見てください。