Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/users/1/oops.jp-simplelittle/web/sunairo/wp-content/themes/knight/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 252

「フー・ティウ| Hu Tieu」とは

世界的にも有名なPhoは実は北部のベトナム料理です。一方で、「フー・ティウ( Hu Tieu)」は、ベトナム南部でよく食べられるベトナム麺料理で、南部のPhoとも呼ばれて南部で多く食べられています。

味、スープの味付けともに多彩で、甘めの豚骨スープにエビ、レバー、うずらの卵などが入ったカンボジアの料理を起源とされているHủ tiếu Nam Vangという「フー・ティウ( Hu Tieu)」が特にホーチミンでは人気です。

他にも、イカの出汁を使ったものなどもあり、のっている具材や出汁がPhoよりもバラエティー豊かです。

主に南部で多く食べられる料理なので、ホーチミンでは、Phoよりも「フー・ティウ( Hu Tieu)」の屋台をよく見かけます。

「フー・ティウHu Tieu」の食べ方

汁あり&なしのコンビネーション

Hu Tieu は3つ食べ方と麺の種類があります。注文する時にこれらを選ぶ事ができます。

食べ方のチョイス

  • 汁なし(hủ tiếu khô) 濃い汁が底に少し入っているので、かき混ぜて食べます。
  • 汁あり (hủ tiếu nước) Phoのように、スープと一緒に食べます。
  • 汁あり&なしのコンビネーション 上記2つを掛け合わせたものです。汁は別皿で提供されます。汁はスープとして飲んでも良いし、麺にかけながら食べても良いです。

麺のチョイス

  • 卵麺(Mi) - 中華麺のような黄色い麺です 
  • 米麺(Pho) – フォーで食べられている麺です
  • Hu Tieu麺 - Phoとは異なり、細い麺で、タピオカスターチが入っているので少しコシがあります。

Phoとは何が違うの?

「フー・ティウ( Hu Tieu)」は知らない人にとっては、Phoと何が違うんだ?と思うかもしれませんが、決定的な違いがあります。

出汁とトッピング

一番の違いは、「フー・ティウ( Hu Tieu)」は基本的には、豚骨の出汁を使用しますが、Phoは、鶏がら(Pho Ga )または、牛骨(Pho Bo)で出汁を出すところです。日本で食べられるベトナム料理では、鶏から出汁をとった、Pho Gaが一般的ですね。

私もベトナムへ来る前は、Phoは鶏で出汁を取るものだと勘違いしていましたが、実はベトナムではPho Boの方が一般的です。

同様にトッピングも異なります。「フー・ティウ( Hu Tieu)」は、豚肉、豚肉レーバー、フィッシュボール、イカ、エビ、シーフード、カニカマといったシーフードなどを使用しますが、Phoでは、Pho Gaは鶏肉、Pho Boは牛肉、牛肉のミートボールなどを使用します。

Pho Ga 鶏肉フォー

作り方

作り方も異なり、Phoでは一般的に野菜やハーブを多く使用しますがHu Tieuではそこまで野菜は使用しません。

また、味も異なります。

Phoはハーブが効いており、さっぱりとしていて、しょっぱいのが特徴ですが、「フー・ティウ( Hu Tieu)」は南部の人は甘いものを好む事もあってか、少し甘みがあります。

特にホーチミンでは「フー・ティウ( Hu Tieu)」を提供しているストリートフードや屋台、レストランが沢山あります。

それぞれのお店でトッピングや味が異なるので、いろいろなお店を試して見てください。