Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/users/1/oops.jp-simplelittle/web/sunairo/wp-content/themes/knight/assets/libraries/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 252

「カオ・ラウ|Cao Lau」とは

これは、以前紹介したベトナム中部発祥のベトナム麺料理「ミー・クアンMi Quang」と同じ、ミークアン省にあるHoi Anの名物です。

とはいっても、ミー・クアンのようなちょっとスパイシーな料理とは異なり、カオラウはチャーシューの出汁や醤油の効いた、つけ麺のようなしょっぱい味が特徴的。

カオラオも他のベトナム料理と同様、レタスやもやしといった野菜、ミントなどの香草、卵、揚げ煎餅を乗っけて食べます。

カオラオのスープは豚骨で出汁を出し、少し濃くしょっぱいため、タレは少ししかのってません。

ホイアンと日本とカオラウ料理

ホイアンにある日本橋

ホイアンといえば、古い建築物が残され、ランタンで彩られた歴史的な観光名所としても有名です。

17世紀にはホイアンは、東南アジアの中継貿易と交易の中心で、日本の交易の中心地でもありました。そのため、日本人街があったとされ、日本人によって建てられた日本橋がある事でも有名な地です。

ベトナムの麺料理といえば、Phoのようにコシのない米麺を使われる事が多いのですが、カオラウの一番の特徴は、うどんのようなきしめん風のコシのある太麺です。

ホイアンはこのように日本と歴史的に深く関わりがある地方で、このカオラウという料理も、日本の麺料理にルーツがあると言われています。

実は、日本人が一番好きなベトナム料理は実はカオラウなんではないか?と思うほどに日本料理や中華料理とすごく似ている味がし、日本人が好むベトナム料理の一つなのではないかと思います。

どこで食べられるの?

このカオラオに使用されている特徴的な麺は、ホーチミンやハノイといった他の都市では手に入らないため、基本的にはカオラウはホイアンでしか食べられません。

ホイアンに行った時に、ベトナム人の同僚がこの麺を大量に購入していたのを覚えてます。

ホイアンに行けばいたるところで、このカオラオのストリートフードを見つけられます。

基本的には、ストリートフードで食べることが多いようですが、ホイアンにある多くのレストランでも提供しています。

ホイアンに行った際には、観光ついでにこのカオラオを食べるのを忘れないでくださいね。