皆さんの中には、すでに中国語を勉強されていている方が多いかもしれません。
中国語は、中国語では一般的に「中文」と言います。ひと口に「中文」と言っても地域により様々な呼び方がされます。

台湾では、中文=「華語」
中国本土では、中文=「漢語(汉语)」

と呼ばれているのです。
中国語は、世界で最も話者の多い言語です。そのため、地域によって千差万別な方言が存在します。その違いは、大阪弁と標準語の違いの類ではありません!
異なる方言同士ではコミュニケーションが全く取れなくなってしまうほどの違いなのです!ちなみに、台湾で話されている方言は「台語」と呼ばれています。
こちらも、中国語とは全然発音や呼び方が異なります。

そのため、台湾では標準語「國語」があります。これが、台灣華語です。ちなみに中国本土では、「普通話 (普通话)」を共通語としてます。つまり、台湾で話されている標準語「國語」は台灣華語です。台湾と中国本土で話されている言葉はルーツが同じなので、基本的には同じなためお互いにコミュニケーションを取ることはできますが、発音、呼び方が異なったり、使う言葉が違ったりと全く同じではない事に、台灣華語を学べば学ぶほど気付かされます。
よく、イギリス英語、アメリカ英語、みたいなものだよ。と言われてます。
実は、筆者は中国語本土で短期留学をした経験があったため、台湾留学を始めた頃は、この単語呼び方違うな?と混乱しましたが、そういった違いも含め楽しく学んでます。
興味を持った方、ぜひ台湾での台灣華語学習の世界へ一方踏み入れてみてくださいね!
初心者の方は、台灣華語をオンラインで無料で勉強できるサイトをこちらで紹介してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です