台湾は朝食のバリエーションがあって何を食べたら良いのか迷ってしまいます。特に、台湾人にとって朝ごはんは重要で、どんなに忙しくても日本人のように朝ごはんを抜いたりすることはあまりありません。台湾人は基本的に朝食は外で食べるのが一般的で、朝からいろんなお店がオープンしていて朝食を提供しています。中には、朝食のみを提供しているお店、朝の時間しかオープンしないお店も数多くあります。

「割包」とは?


「割包」とは「中式早餐」と呼ばれる台湾式朝ごはんで一般的に食べられる朝ごはんのメニューの一つ。
「割包」は、台湾式ハンバーガーのようなもの。
ただ、ハンバーガーに使われるバンズではなく、饅頭を使って具を挟むのが台湾式。伝統的な詰め物は、スライスした豚バラ肉、ザワークラウト、ピーナッツ粉、コリアンダーが含まれます。ピーナッツ粉は通常砂糖と混合され、甘い味がします。特に、台南で食べる割包はさらに甘いのが特徴的です。

台南では、どこで「割包」食べるのがおすすめ?

もちろん「割包」は台湾のどこでも食べられますが、食の都、台南で「割包」がおいしいお店が、台南のグルメが密集している、台南グルメ街、國華街の永樂市場にあります。台南人が足繁く通う老舗のお店「阿松割包」です。

「阿松割包」のメニューは3種類。


「阿松割包」のメニューは「普通包」「瘦肉包」「豬舌包」の大きく分けて三種類。「普通包」は「割包」で一般的に使用される、脂身の多い豚バラ肉(ベリー) 、「瘦肉包」は脂身の少ない赤身を使用。

一般的には、割包のメニューといえば「瘦肉包」「肥肉包」 の2種類から選ぶのが一般的ですが、こちらの店は「豬舌包」と呼ばれる、 豚のタンの割包が食べられます。
ここの看板メニューはもちろん「豬舌包」です!


ひとつ頼むと、二個の割包が提供されます。
そして、店内で食べると、一緒にスープもついて来ます!
肉がとにかく厚くかなりボリュームがあるので、これだけでおなかいっぱいになってしまいます!



一口食べると肉汁が口の中にあふれ出します。
そしてサワークラフトの酸味で口の中を爽やかにさせます。ピーナツの甘甘ソースが、台南風にさせます。
スープも手抜きではなく、トロトロと何時間も煮込んだ肉汁がしっかりと染み出してます。
台南に行った際は、「阿松割包」の「割包」をぜひ食べて見てください!!!

【お店情報】

阿松割包

住所:台南市中西區國華街三段181號
電話:06-2110453
営業時間:08:00-18:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です